AGAの多種多様な治療法の比較:メリットとデメリット

AGAに悩まされている人は少なくありませんが、近年では多種多様な治療法が見つかっており、利用者の症状や予算などに合わせて最適なものを選ぶことができます。治療を行うことによって症状が大幅に改善されたという人も多いため、気になる人は一度専門のクリニックで相談してみるとよいでしょう。それぞれにメリットとデメリットがありますので、どういった治療が自分に合っているか確認したうえで依頼するのがお勧めです。

 

治療で最も有名なのが内服薬の使用です。利用者の9割以上が何らかの効果を実感しており、月に一度の診察で済みますので気軽ですが、毎月1万円程度の費用負担がありますし、女性は利用できません。外用薬はだれでも利用できて価格も手ごろですが、効果が表れるのには個人差があり、即効性もあまり期待できません。植毛は自毛、人工毛のいずれかから選ぶことができ、確実に髪の毛を増やすことはできます。しかし、術後の痛みや費用が高額であること、定期的なメンテナンスが必要なことなど、継続的に費用がかかる可能性が高いです。メソセラピーは頭皮に直接必要な栄養素を注入するので確実性と即効性が期待できます。

 

ただし、継続性はあまり期待できませんので、頻繁にクリニックに通う必要があり、遠方からクリニックに出向いている人にとっては費用、時間共に負担が大きくなることもあります。HARGは頭皮の奥で眠っている毛髪の元に活力を与えて育毛を促進させるというものです。幅広い年代に使え、安全性も高く、白髪が黒髪になったという効果を感じている人もいますが、すでに頭皮が固くなり、毛髪の元がなくなっている人には全く効果が表れませんので、事前のカウンセリングが必要です。

 

このように、AGA治療には様々な方法がありますし、働きかける方向性も異なっています。これらの治療法のうち複数を組み合わせて利用することでデメリットを軽減させたり、より効果を高めるといった選び方もありますので、幅広い治療を行っているクリニックに相談してみると選択肢が広がります。基本的にカウンセリングは無料で行われており、治療内容について詳しい説明をしたり、患者の頭皮や抜け毛の状態などを調べて適切な方法を紹介してくれますので、安心して治療を申し込むことができます。また、遠方から通っている人に対しては、旅費の一部を負担したり診察回数を減らすなどのサービスを行っているところなどもあります。