グロースファクターと毛髪成長成分で頭皮を根本から若返らせるHARG治療とは

今や男性だけではなく女性も含めて、毛髪が薄くなることに悩んでいる人達の数が増えてきていますが、そうした中で、発毛剤や育毛サロンなど様々な対策も発展を見せていますが、その中でも注目を集めているのがこのHARG治療です。この治療の特徴を一言で言ってしまえば、これまでの治療法とは異なり、頭皮に直接働きかけることによって、頭皮それ自体を若返らせ、発毛する頭皮へと導いていくことにあり、再生医療の考え方を治療に取り入れた、画期的で副作用やリスクの少ない新しい治療法と言えるでしょう。

では、HARG治療とは具体的にどのような治療かというと、その特徴は幹細胞から抽出したグロースファクター(成長因子)、PDGF、Basic FGF、KGF、TGF beta1、HGF、VEGF、SODなどをブレンドしたHARGカクテルと毛髪成長成分を頭皮に直接注入することで、頭皮の発毛する力を目覚めさせ、さらに頭皮を活性化させることにあります。この中で特に重要なグロースファクターはKGF、PDGEとVEGFで、それぞれ毛細胞の増加を促進して、毛髪の成長期を維持し、頭皮の血管を新生させる働きがあるのです。治療はだいたい3週間から4週間に一度来院しHARGカクテルと毛髪成長成分を頭皮に注射するだけで、時間もさほどかかりませんし、副作用などもほとんどありませんから会社帰りに気軽に受けることができ、期間は半年から1年程度とこれもさほど長いものではありません。これまでに数多くの方がこの治療を受け、実に9割以上の人が発毛を実感しているというデータが出ており、これはこれまでの薄毛治療で最も高い確率であると言えます。
そもそも発毛のしくみとはどのようなものでしょうか、髪には成長期、退行期、休止期というサイクルがあり、一定の期間でこれらを繰り返すことによって抜け落ちたり成長したり、また生えてきたりします。薄毛になるということはこの毛周期が乱れて、成長期が短くなって逆にやたら休止期が長びいてしまったり、という状態に陥っているというわけです。しかし、休止期に入っているとは言っても毛母細胞が完全に死滅しているというわけではなく、ここでグロースファクターを投入してその活性化を促進してあげれば、毛母細胞は再び息を吹き返し、生き生きと活躍し始めることになる、HARG治療のポイントはまさにここにあると言えるでしょう。
これまでの薄毛治療法では主に脱毛を抑えたり、毛髪の成長を促したりといったものでしたが、このHARG治療は毛髪の生える仕組みそのものを改善し、頭皮の状態を根本的に向上させることによって毛髪の生えてくる頭皮、毛髪の成長を促す頭皮にさせる、つまり根本から薄毛を治療してくれる治療法と呼べるのはないでしょうか。
さらに嬉しいことには、これは女性にも効果のある治療法と言われており、通常薄毛治療は男性対象のものが多く、女性は使用できない薬剤も多々あるのですが、この治療法に関しては女性にも適用され、しかも効果が高いとされています。男女ともに頭皮を若返らせることが可能な、嬉しい治療法なのです。

脱毛を防いだり、育毛したりすることによって薄毛の改善を図るのではなく、KGF、PDGF、VEGEなどのグロースファクターを直接毛母細胞に届かせることによって発毛する頭皮に導いていくHARG治療、やり方は頭皮にHARGカクテルを3~4週間に1度注射するだけという傷も跡もほとんど残らず時間もかからない薄毛治療法、半年から1年の治療で9割以上の人が発毛を実感した再生医療に基づく最新治療、副作用がほとんどないという嬉しいこの治療を、一度試してみてはいかがでしょうか。